病人だけど考える人

ニュースとか医療についての日記

医者は、自分が癌になったら、標準治療をしない。

医者は、患者に標準治療を勧める。儲かるからでしょうね。だが、自分が癌になったら、あんなものをやる医者はほとんどいない。癌に詳しい医者ほどしないそうだ。どこかの医者が書いてた。


もちろん、副作用がほとんど出なくて、きれいに癌が消えた患者もいる。
でも、そんな人は少ない。多いのは、抗がん剤で激しい副作用が出て、苦しんで苦しんで死ぬ人。


高齢者では、その激しい副作用に耐えられなくて、治療をやってなかったら、あと何年も生きられたのに、抗がん剤を使ったものだから、あっけなく死んでしまう人も少なくない。


でも、医学は進歩しています。いずれ、がん専門医が自分も使いたいという抗がん剤が出てくるでしょう。